くらし ニュース

2020東京オリンピック競技会場 業者破綻で工事中断

投稿日:

2020東京オリンピック・パラリンピックについて

東京都の予算の問題や

知事の交代

ロゴマークの問題など

当初、ごたごたありましたが

最近は静かだったので開催に間に合わせるべく

順調に工事が進められていると思っていたのですが・・・

 




 

工事業者が経営破綻で工事ストップ

東京都から入札で請け負っている業者が経営破綻

競技場などの工事がほったらかし状態になっている模様・・・

 

 

経営破綻したのは

埼玉県さいたま市にある株式会社エム・テック

カヌー・スラローム会場の管理棟や屋外の17面のコートや照明設備などを受注していたらしい

いずれの工事も3割程度しか進んでいないとのこと

 

2018年も終わりに近づこうとしている10月に

工事の進捗率が30%とは・・・

とてもまずい状況ですね

 

東京都はこれから再入札で新たな施工業者を選定するということですが

途中まで行った工事を引き継いで

短期間で完成しなければならないリスクを負和なければなりません

現在人手不足も叫ばれている中

この案件を入札してくれる業者があるのか不安です

 

 

 

工事途中で経営破綻した株式会社エム・テックとは

株式会社エムテックは10月1日に東京地裁に民事再生法を申請

資本金4億7千万円

 

 

1988年10月の設立された総合建設業者で

独自の工法などを有して官公庁からの元受けを中心に受注して実績を上げていた業者です

(出雲バイパス新神立橋上部工事など)

 

他社との競争を回避するため

ほかの業者が消極的になるような難易度の高い工事を中心に入札し

利幅を確保していた模様

 

資材販売も展開していたり

東日本大震災の復興需要で2015年7月期には245億円の年売上高も計上し

業績は堅調だったようですが

慢性的な支払いトラブルを抱えていて経営体質の安定性が懸念されていたようです

 

負債総額は2018年7月期で約155億円

東京オリンピックの工事を依頼してた東京都や

福島などでの除染作業で生じた土壌搬出や復興工事などを契約していた福島県郡山市は

株式会社エム・テックの経営状態が不安定だということを把握してて

何らかのアクションをとる準備をしていたのであればいいのですが・・・

 

 

大きな問題になりそうなニュースで

続報を待ちたいと思います。

-くらし, ニュース
-, , ,

Copyright© URI-Boo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。