アフィリエイト収入で生活する夢を見るブログ

URI-Boo

アフィリエイト グルメ

ベトナム珈琲 専用ドリッパーでリラックスタイムの一杯

更新日:

珈琲が好きな人ならば知っているベトナム珈琲

専用のドリッパーで時間をかけて作り、甘いコンデンスミルクと合わせていただく濃厚な1杯です。

コンデンスミルクを入れなくても、甘い香りコクのある味わいが癖になる逸品です。

 

 

f:id:InterMax:20171205150008j:plain

 

 

香りも味も濃いめベトナム・コーヒー

ベトナムコーヒーを初めて飲んだ時の感想は、「なんて濃厚な香りと味なんだろう」でした。

ベトナムで飲んだわけではなく、日本にいる知人が淹れてくれたもので、ベトナムでは定番のコンデンスミルクとのミックスをしていない、コーヒーだけで頂いたものでした。

 

砂糖やコンデンスミルクが入っていないベトナムコーヒーは、濃厚な香りと味から苦みが残るのかと思いきや、ビターチョコレートのような大人の甘さがあり、いつまでも口の中に残らない切れもあるものでした。

 

濃厚で甘くて切れがあって・・なんとも不思議な感覚で、その1杯でファンになってしまったほどです。

 

 

ベトナムコーヒーの定番の淹れ方

ベトナムコーヒーの淹れ方の動画です。

定番であるコンデンスミルクとミックスし、アイスを入れていただいています。

これはこれで美味しいと思いますが、普段ブラックコーヒーを飲んでいる方には、コンデンスミルクなしで、ホットなベトナムコーヒーを味わってみることをすすめます。

 

www.youtube.com

 

 ベトナムで一番売れているコーヒー

ベトナムコーヒーは沢山のメーカーから発売されているようですが、現地のスーパーでも通信販売でも、一番売れていると言われているメーカーが「TRUNG NGUYEN COFFEE(チュングエンコーヒー)」です。

その中でも特に「TAO5」は高級品と言われていて、コクのある味になっています。

少し高めですが、TAO5を飲んでみることをおすすめしたいと思います。

 

 

ベトナムコーヒーを淹れる為の必需品「ドリッパー」

ベトナムコーヒーを入れるには、専用のドリッパーが無いと雰囲気がでません。

ペーパーフィルターでも入れられないわけではないのでしょうけれど、やはり専用のドリッパーで淹れている時間も、ベトナムコーヒーの魅力の一つだと思います。

 

ドリッパーは現地で購入するととても安く、ベトナムに行く機会があったら購入してきた方が良いと思います。

知人でベトナムに行く人がいたら、スーパーに立ち寄ってもらって、現地で購入して来てもらうといいです。

 

そんな素敵な環境にない人は、日本で変える手段で揃えなければなりません。

だいたい¥1,000円前後で毛乳できます。

 

 

 

ベトナムコーヒーを淹れてリラックス

ベトナムコーヒーを飲むためには、コーヒーやドリッパーを通信販売で購入しなければなりませんが、一度飲んでみると購入して見良かったと思えるはずです。

 

ドリップしている時間に、読書や映画でも見ながらリラックスし、出来上がったベトナムコーヒーを口に運び、香りと味を堪能して更に心を落ち着かせる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

体を使った運動も精神安定には必要なファクターですが、ゆっくりとした時間を贅沢に過ごす事もまた重要なファクターだと思います。

 

 

-アフィリエイト, グルメ
-, , ,

Copyright© URI-Boo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。