ブログ ブログ-ノウハウ ブログ-副収入

ブログの記事の書き方 わかりやすく稼ぐ成功のポイント 

投稿日:

ブログ記事、成功する記事の書き方をわかりやすく

アフィリエイトで収入を得たいと思いはじめたものの、思うようにPVが伸びなかったり、収入につながらくて困っている。

また、これからアフィリエイトをはじめようとしている人。

アフィリエイトで収入を得て、成功に近づくための記事作成のコツや、文章構成のポイントなどを一緒に学んでみたいと思います。

 

f:id:InterMax:20170810214251j:plain

【目次】

 

アフィリエイト初心者必読!PVが稼げる記事のつくり方

副業として今なお人気のあるアフィリエイト
ネット環境がありさえすれば、自宅にいながらにしてできるとあって、主婦や学生など、幅広い層に支持されています。

なかには、アフィリエイトをやってみたが、思うように成果を出せなかったという人もいるかもしれません

アフィリエイトでは、アクセス数をいかにして確保するのかが大事です。
そのためには、どんな記事をつくったらよいのかが要になります。つまり、PVを稼げる記事のつくり方を理解することが、成果を出すのに重要だということです。

 

記事のつくり方のポイントとして、まずは、アフィリエイトについてよく理解するのが大切です。
アフィリエイトとは、提携サイトへ見込み客を誘導して、そこで商品やサービスが売れると成果報酬を得られるというものです。

ネットショップとは違い、自分のサイトで販売を行うわけではありません。
売れている商品を探して、その商品を一生懸命に売り込んでも、成果には結びつきにくいです。
意識すべきは、見込み客を提携サイトへどう誘導するのかということです。

したがって、実際にコンテンツを作成する際には、情報提供をメインに据えるのが基本です。
その商品やサービスを欲している人向けに、役に立つ情報は何か。
それを考えて、読んで役に立つ、参考になる記事を作成すると成果につながりやすいです。

読んで役に立つ記事は、シェアされやすいですし、PVを稼ぐためにも有益です。
情報提供をメインにすると、さまざまなキーワードを盛り込めるので、PVを伸ばしやすいです。

もちろん、肝心の商品へのアフィリエイトリンクも埋め込んでいく必要があります。
こちらは過度にならないようにリンクを設置するのがポイントです。
自分のサイトで売るわけではないので、さりげなく紹介する程度に留めるのが好ましいです。

さらに、アクセス解析を導入して、定期的にアクセス状況を分析します。
すると、記事によって、PVに貢献している記事、していない記事があるのが分かるでしょう。

インターネットユーザーの流入状況から、求められているコンテンツが判明することもあります。

検索結果で、上位に表示しやすいキーワードが見つかることもあります。
こうした狙い目のコンテンツやキーワードが発見できたら、記事を追加するのも効果的です。

記事の管理は、最低でも月に一回は行うとよいです。
それぞれの記事の閲覧数を確認して、微調整を加えると、比較的簡単にPVを伸ばせられることがあります。

 

intermax.hatenablog.com

 

 


成功するアフィリエイト記事には作り方がある

アフィリエイトのためにブログを始めたけど、どのように記事を書いてよいのか解らない人。
あるいはブログを続けているのに、なかなか収入に結びつかない人なども、中にはいるかもしれません。

まずアフィリエイトで収入を得ることが目的である以上、記事の書き方もそれを意識したものにする必要があります。

端的に言えば、検索エンジンにヒットしやすく、かつランキング順位ができるだけ上位にくるようにすること。

いわゆるSEO対策をしっかり考えて、記事を作ることが重要です。
そこで具体的なポイントをいくつか紹介します。

 

まず1つめは、読んでもらうターゲットを明確にすること。
こうすることで、強いニーズのある読者層やユーザーをキャッチできるだけでなく、記事のコンテンツも絞って明確化できるので、専門性を高めて書きやすくなるというメリットがあります。

 

2つめのポイントは、検索ランク上位になる記事を書くことです。
そのためには記事のキーワードが、ターゲットにした検索ユーザーと一致していることや、記事の内容や情報が客観的で網羅的なこと。

さらに専門性が高く、ユーザーを満足できる内容であることが、ポイントになります。特にユーザーに満足してもらえる記事を書くには、ユーザーの目線でニーズを把握して、しっかりとユーザーに寄り添った記事を書くことが大切です。

 

またキーワードについても、記事のタイトルと見出しの両方に組み込むことが基本になります。
これは検索システムの性質上、タイトルや見出しのキーワードからニーズを判断するからです。

 

3つめのポイントは、誰にでも分かり易い文章と構成にすることです。
分かり易く読みやすい文章であれば、ユーザーがサイトから離脱することを防げるだけではなく、サイトに滞在してもらえる時間も長くなります。

同時にアフィリエイトでの商品購入や、提携した通販サイトのビジターになってもらえる可能性も、グッと高まります。
読者ユーザーに分かり易い文書と構成の記事を作成するには、まず結論から書くことが大事です。

 

結論の見えない文章は、読者ユーザーにストレスを与え、早期離脱の原因になるからです。

また難解な専門用語を多用するのも禁物です。
読者ユーザーは必ずしもその専門分野に精通しているとは限りません。

専門用語の多いブログやサイト記事は、早期離脱の要因になるだけでなく、幅広いユーザー層を取り逃がしてしまうことも知っておきましょう。

そして最後に大事なことは、序文・本文・まとめの3つの流れを忘れないことです。
この流れを抑えることで、しっかりと筋の通った文章になると同時、読者にもテンポよく読みやすい記事に仕上がります。

 

 


アフィリエイトで生活するための記事の書き方

アフィリエイトで安定した収入を得るためには、定期的にサイトを更新していく必要があり、サイト訪問者の数が多ければ多いほど収入も比例して上がりやすくなります。

サイト訪問者を確認するには、ブログならマイページから、ホームページなら自分で組み込んだアクセス解析ツールを使う必要があります。

訪問者数はUU、訪問者が見たページの数がPVとなっており、UUに比べてPVが多ければ多いほどアフィリエイトの広告をクリックしてくれる確率が上がる傾向にあるのです。

ブログもホームページも記事のつくり方と広告の配置する場所で収入が左右されやすくなっており、少しの工夫で広告のクリック率が上がります。
ホームページは比較的配置に自由が利くため、ほかの記事やリンクに広告を紛れさせることでクリック率が上がります。

ブログは記事の中に広告を設置したり、記事の終わりと下のブログパーツの間、もしくはタイトルの下に設置すると広告の表示が増え、クリック率が上がることになります。

 

どちらも共通してクリック率を上げる方法があり、サイトのカテゴリーを一つか二つにまとめることです。
サイト訪問者は調べたいことを検索欄に入力して訪問するため、カテゴリーが統一してあるとほかの記事を見る確率が上がり、Googleアドセンスの広告を貼っている場合は訪問者の検索ワードに合わせた広告が自動で配信される仕組みになっています。

 

また、記事は書いたら終わりという訳でなく、定期的に見直すことをおすすめします。
ホームページはデザインを変えると記事が崩れてしまうことがあり、訪問者が見づらいと感じてしまったら次から来てくれなくなってしまいます。

ブログはテンプレートが変わっても記事が崩れることは少ないため、あまり気にしなくてもいいでしょう。

クリックしてそこから商品を購入させる広告は、商品の表示期限が決まっていることが多いため、1ヵ月に1~2回は全ての広告をチェックし、期限が切れていたらすぐに新しい広告を設定します。

アドセンスの場合は広告表示の基準が非常に厳しく、アダルト関連は全てNG、暴力的な表現も大方引っかかってしまうため、広告が表示されていても心当たりがあれば、該当記事を削除するか訂正しておきましょう。

アドセンスはほかの広告とは違ってクリックだけで収入が入るため、自分でクリックする行為は禁止されています。

定期的な記事の管理でサイトの質を上げ、訪問者を長く引き留めるサイトを作り安定した収入を得てみませんか?

 

intermax.hatenablog.com

 

 


売上アップには欠かせない、記事のクオリティアップのコツ

アフィリエイトで収益を上げるために日々研鑽されている方は、日頃SEOや被リンク、内部リンクなどさまざまな対策をとられていることでしょう。

しかし、アクセスアップや使いやすさ(ユーザビリティ)ももちろん重要なファクターではあるのですが、何より欠かせないのは「コンテンツ力」です。「記事の力・魅力」さえあれば、アクセス数・売り上げに繋がります。

ここでは記事の書き方や構成術、作成する上でのポイントをご紹介していきます。

まずは「ペルソナ」の把握です。

どういった層をターゲットにしているのかを明確にしなければ、どんなに良い記事を書いても見向きもされません。

たとえば、女性向けのサイトで「鉄道模型の購入すべきポイント!」や「バイクの修理業者はここがオススメ!」という記事を書くと違和感たっぷりですよね(もちろん、女性でもバイクや鉄道模型がお好きな方はいらっしゃいます)。
できるだけ細かく、「2人目のお子さんが小学校に入って、少し手があいた20代後半の女性に向けた美容ブログ」まで細かく設定すると、記事が断然作りやすくなります。

 

次に、文章の方も見ていきましょう。記事を書くとき「買ってほしい」という心が透けて見える文章を書いていませんか?
もし、売り上げに伸び悩んでいるのでしたら、一旦その発想を捨ててください。
良質な記事を書く、ということに集中しましょう。ユーザーが何を求めてサイトに訪れるのかを、しっかりシミュレーションする必要があります。
ペルソナの部分と大きくかかわってくる部分ですね。細かい表現はさておき、あなたが体験したこと、あなたが感じたことを書いてください。

「情報」は公式サイトを調べればいくらでも出てきますし、大手サイトが大半を占めています。伸び悩んでいるあなたのブログやサイトで求められているのは、ユーザーがまだ得ていない「体験談」です。
これを使ってここが良かった、こっちと比べてこれが悪かったなど、「体験した人しか分かりえない情報」を提供しましょう。

「体験」を提供できていれば、かなりのアクセス数が見込めるはずですが、文章の構成も少し見ておきましょう。

 

intermax.hatenablog.com

 

アクセス数をアップさせる文章のコツとしては「結論を先に書く」です。
引きのタイトル(興味をそそる、疑問を投げかけるタイトル)があり、ブログを見てすぐに「それは◯◯です」と先にオチを言ってしまいましょう。
インターネットユーザーは、自ら情報を集めに奔走する特徴があり、「疑問が沸き、検索」したすぐあとに「ヒットしたページで答えを知りたい」わけです。
先にオチを書かずに長々と経緯や事情を書くと、結論に行くまでにブラウザバックされてしまい、二度と訪れてくれません。

ユーザーにとって使いやすい、見やすいというのをまず意識するのが良記事の第一歩であり、心がけることで地道にアクセス数が上がっていきます。

 

intermax.hatenablog.com

 

 


これを抑えれば大丈夫!アフィリエイトで収入を増やすポイント

インターネットのSNSなどを利用している人の中にはブログやアフィリエイトの収入で生活をしたいと考える人も少なくありません。

しかし、ただ闇雲にやっていても成果は出ないので、ある程度のまとまった収入を得るためにはいくつかの抑えておくべきポイントがあります。

まず最初に行うべきことはPVを増やす作業です。
当然のことに聞こえるかもしれませんが、自分のサイトに人が訪れなければその先の広告サイトにも人は流れていきません。

人を呼び込むには魅力的な記事を書くことが前提で、記事を読ませるには読み手の興味を引くような記事タイトルをつけることが必要です。

 

魅力的なタイトルを付けるコツは先に内容について書いてから最後にタイトルを考えるようにすると、相手に伝えたいことや興味を引く言葉が思い浮かびやすいとされています。
記事のつくり方も読者を増やすポイントの一つです。

広告サイトとの関連性を考えながら読ませたい年齢層を決めて、記事の内容に統一性を持たせることを忘れてはいけません。

記事を読んでもらうために必要なことは一つのテーマをより深く掘り下げることです。
どんなに時間を掛けて記事を書いても、内容が浅くては読み手は途中で読むのをやめてしまうことも考えられます。

小説のような起承転結は大事ですが、どれだけ深く掘り下げられるかは自身の経験や知識が物を言うのです。

ネットで誰でも調べられるような内容では興味を引くことはできません。
そういった点からも、自分自身が実際に体験したことや自信のある分野を中心に書くのがおすすめです。

自分で体験して感じたことはネットにも載っていない誰にも真似のできない自分だけの物です。

そういった経験を文章にすることで、同じことに興味を持ってる人が共感をして読みたいと思える内容になります。

 

intermax.hatenablog.com

 

自分なりの記事が書けるようになったら記事の管理も忘れてはいけません。
アフィリエイトはただ記事を読ませるだけではなく、そこから広告のサイトに行ってもらうことが目的です。
そのため、実際に書いた記事についての反応をしっかりとチェックして、どういった年齢層の人が読んでコメントをしてくれているのかなどを把握しておくことが重要です。

どんなに魅力的な広告サイトを掲載していても、読み手が興味を持たないのであればそこに誘導することはできません。

大切なことは広告サイトと読み手に関連性を持たせて、記事を読んだ後に行ってみたいと思わせることです。

-ブログ, ブログ-ノウハウ, ブログ-副収入

Copyright© URI-Boo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.