アフィリエイト 旅行

毘沙門天立像 成島三熊野神社への祈願と国指定重要文化財(岩手県花巻市東和町)

投稿日:

岩手県花巻市にある毘沙門天立像と、毘沙門堂は国指定重要文化財として指定されています。

東北新幹線や東北本線が通る北上盆地から東に入った花巻市東和町にあり、あまり観光地としてメジャーにはなっていませんが、隣接する熊野神社と共に一度訪れてみて欲しい場所の一つです。

 

 

毘沙門天立像(国指定重要文化財)

毘沙門天立像が納めてあった毘沙門堂は国指定重要文化財です。

寄棟造のやや大型のお堂で、柱も太く室町時代の大らかな建築様式を残しています。

 

また、兜跋(とばつ)毘沙門天立像も国指定重要文化財となっております。

その高さは4メートル73センチで、ケヤキの木の一本彫の成仏として日本一のものです。

現在おさめられている収納庫は入場料500円(大人)で、写真撮影は禁止になっています。

 

この画像はホテルフォルクローロ花巻東和のサイトから拝借したものです。

平安時代に朝廷がこの地方に勢力を伸ばしたころに、北方の守護のために作られたものであると伝えられております。

 

成島三熊野神社

毘沙門天立像や毘沙門堂を拝観するには、成島三熊野神社の鳥居をくぐって進まなければなりません。

順路に従って進んでいくと、まずは三熊野神社があります。

身を清めて参拝して先に進むと、毎年行われる「泣き相撲」の会場の土俵が見えてきます。

その先にあるのが「毘沙門堂」、そして坂道を上がった先にあるのが「毘沙門天立像」です。

 




全国泣き相撲大会

毎年5月の上旬に開催される「全国泣き相撲大会」の土俵が境内にあります。

平成5年(1993年)には、花巻市の無形民俗文化財に指定されました。

2歳以下の子供であれば男女関係なく、全国からの参加できます。

地元のテレビニュースでは毎年放送されますが、かわいいやら、かわいそうやら・・・複雑な気持ちで見ています。

 

 

道の駅とうわ

毘沙門天立像や熊野神社からほど近い場所に、「道の駅とうわ」があります。

ここには「ホテルフォルクローロ花巻東和」があり、天然温泉で宿泊はもちろん、日帰り温泉として利用できます。

中にはレストランもあり、広々としたレストランはランチタイムでも入りやすいです。

 

ホテル フォルクローロ花巻東和

 

 

まとめ

花巻市や北上市から少し離れた場所にあり、車が無いと行きにくい場所という事もあって、なかなかメジャーになりにくいかもしれませんが、毘沙門堂も毘沙門天立像も一見の価値のある素晴らしいものです。

毘沙門天立像の保管庫では録音された音声を流して説明されますが、ときどき受付にいらっしゃる大先輩が直接お話をしてくれることがあります。

ご当地のなまりで語られるお話を聴きたい方は、何度か足を運ばれてみるか、話しかけてみられてはいかがでしょうか。

 

また、ここから少し足を運んで、宮沢賢治童話村や新渡戸稲造の記念館、萬鉄五郎記念美術館、少し離れますが遠野方面の観光も合せてみても良いと思います。

 

 

牡蠣などの海産物の食べ歩き 松島の観光についての記事はこちら

 

 




 

 

-アフィリエイト, 旅行
-, , , ,

Copyright© URI-Boo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.