健康-病気

インフルエンザに画期的な新薬 1回1錠飲むだけで治療が完了は驚愕!

更新日:

毎年冬が近づくとインフルエンザの流行が心配され

予防接種を受けるようにと

職場や学校で進められますね

 

 

予防接種をうけてもインフルエンザに感染してしまうこともあり

医者にかかって薬はもらうけれど

一定の期間 我慢しなければ治りません

それがインフルエンザです

 

でも 画期的な新薬が登場したようです!

 

この薬によって、

この冬、インフルエンザの常識が劇的に変わるのは間違いないかもしれません!

 


 

画期的新薬 「ゾフルーザ」誕生!

いかにも強そうな名前ではないですか?

「ゾフルーザ」

 

 

これまでのインフルエンザの薬といえば

イナビルとタミフル

 

 

この二つの薬で これまで約8割を占めていたそうです

これらの薬を処方されても

だいたい5日間は薬を飲みながら、熱が下がるのを待ち、

熱が下がっても感染リスクがあるために家にいなければならないのが

インフルエンザでした

 

そこに、まったく新しい抗インフル薬である「ゾフルーザ」が誕生したのです

 

インフルエンザに感染しても

この薬を1錠飲めば治療が完了し

熱が下がるまでは二日程度かかるようですが

効き目が強いことで周囲に感染するリスクも少なくなるメリットもあるようです

 

会社や学校ヘは発症後5日間は行けな勝ったのですが

この薬のおかげで大幅に短くなることも考えられます

 

 

すでに「ゾフルーザ」を処方している病院もあるそうです

今年はインフルエンザに感染してしまった場合は

あらかじめ病院に電話して

新薬のゾフルーザを処方してもらえるか問い合わせる

そんな行動が流行しそうですね

 

価格は1錠4,789円

 

3割負担の人では1,730円になり

タミフルなどに比べて 1.5倍と高めですが

発症してからの大変さや、家族や周りの人の苦労を考えると

許せる範囲だと思いますね

 

新薬「ゾフルーザ」の副作用は?

新薬というと副作用が気になるところですが

塩野義製薬の話によると

今のところ下痢の症状が出る人が約1%いるだけで

ほかにはとくに副作用の報告がないとのことです

 

今後広く処方されて

いろんな人が服用したときに

多少副作用が報告されることもあるかもしれませんが

今の状況からは安心していい薬のようです

 

一つ注意点としては

嘔吐を伴う症状には向いていないということ

インフルエンザ患者でも嘔吐を伴う消化器症状が出ることもあり

その場合には「飲み薬」そのものが向かないことになります

そんな症状の時には既存の吸入式の薬を処方してもらいましょう

-健康-病気
-, ,

Copyright© URI-Boo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.