FX初心者のトレード日記(デモ)

BG-Blog

FX デモトレード

FXのトレードは「順張り」トレンドフォローが基本という話し

更新日:

昨日のブログで、「次は参考にしているサイトや本を紹介します」とかって言いましたが、その話は少し後に回そうかと思います。

今日はFXのトレードは「順張り」といわれるトレンドフォローが基本ですって話をします。

「当然でしょ!」とか、「知ってるわ!」って思っている人は読み飛ばしていただければいいんですが、逆に読んでもらって「ダメ出し」してご教示いただけると、私自身も読んでくれている人も勉強になりますので、ぜひ意見やアドバイスをいただきたいと思っています。宜しくお願いします。

FXのチャートを眺めていて、どこでエントリーして、どこで決済すればいいのか・・わからなくて、チャートを眺めながら時間だけが過ぎていき、チャートは上に下にジグザグと動いている

なんとなく上に向かっていきそう・・・なんて思って「買い(ロング)」でエントリーすると、次の瞬間下がり始める

「これは下に向かうトレンドの真っただ中でしょう!」って思い、「売り(ショート)」でエントリーした瞬間に上昇を始める

そんなことが繰り返されると、「自分のエントリーを誰かが監視していて意地悪してるんじゃないの?」・・・なんてさえ思ってしまうのは、FXを初めてみんなが思うことらしいですよ

そういう自分も絶対に監視されている・・・そうじゃなければ、こんなタイミングで続けざまに自分がエントリーした方向と逆に動くなんてあり得ない。しかもどんどん加速して含み損が増え続けていくなんて・・・

と、何度も思いました(笑)

実は今でも時々思ったりします(笑)

サイトなどでFXのことを教えてくれている諸先輩方の解説としては、トレンドの流れが見えていないことからおこるものとされています。

トレンドの流れをつかむために必要なこと

トレンドの流れが読めないから、自分が「エントリー」すると逆に動いて含み損を抱えたり、損切りを余儀なくされてしまうのだと言われても、トレンドの流れを読むってどういうこと? 

FXのチャートは、ローソク1本を形成する時間を変えて表示することができますが、値動きがよく見られることを好むと その時間は短いものになりますね

時間足(60分足)よりも15分足、15分足よりも5分足、5分足よりも1分足・・・

短い時間のチャートを見るようになると、リアルタイムの細かい値動きは確認できるようになるので、エントリーするタイミングが取りやすそうって思うんですよね。

自分も5分足~1分足を見てエントリーして、細かな値動きを見ながら数銭の決済を繰り返して利益を重ね、自分と思った方向と逆に動いた時には「ドカン」と大きく損益を出すという、いわゆる「KKD(コツ・コツ・ドカン)」でリアル口座の資金をなくして撤退・・・という絵にかいたようなFX初心者の失敗例を実践していました。

俗にいう「木を見て森を見ず」ということですね。

自ら視野を極限まで狭めて、相場全体の大きな流れが見れなくなってしまい、トレンドを見誤って損益を出すという流れです。

短い時間足では「下降トレンド」が始まって、これからしばらくは確実に続きそうって思える値動きであっても、1時間足や4時間足を見ると上昇トレンドの最中のホンの一瞬の出来事だったということなんですね。

このことからチャートを見るときに絶対的に守らなければならないことが見えてきますよね。

「時間足などで大きな流れ(波)をみてトレンドの判断をする」ということです。

時間足や日足などでトレンドを把握することを意識してチャートを見られるようになるだけで、なんとなくトレードが上手くなったような気になります(笑)

でも・・・基本的にトレンドの読み方がわかっていないと、時間足などを見ていても方向を間違えたり、タイミングを間違えたりして、結果としてエントリーした瞬間に逆に動いてしまうってことに変わりはなかったりします。

大きな流れを把握しないときよりは「マシ」なトレードができているとは思います。

FXを初めて約半年ですが、未だにエントリーや決済のタイミングがつかめず、才能やセンスが必要で、自分にはそれがないのだろうかとあきらめかけているところです(笑)

でも、資金をなくしたままで引き下がってしまうのもしゃくなので、もう少し足掻いてみようと思ってます。

と、いうことでFXのトレードは「順張り」トレンドフォローが基本という話しでした。

次は「エントリーのタイング」についての記事を書こうかなと思っています。 

-FX, デモトレード
-, , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.