FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード 設定レンジやターゲットラインについての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

曇り空ですが湿気が多くて蒸し暑い朝を迎えてます。

でも窓を開けると、まだ少し涼しい風が入ってくるので、気温はそれほど上がっていないようですね。

きっと昼間には気温も上がって不快指数上がると思われます。

 

先ほど窓を開けようとしたら、隣の土地の畑ですでに作業をしている先輩がいました。

腰を曲げて下を向きながら集中して作業していたので、窓を開ける音で驚かせてはいけないと思い、その方角の窓を開けるのをやめました。

気温が低いうちに作業してしまうためでしょうかね。

驚きました。

 

6月26日のデモトレード記録

昨日のデモトレード結果 -11.5銭

①17:31 107.412 売り(ショート) → 18:05 107.497 -8.5銭

②18:05 107.500 買い(ロング) → 18:08 107.650 +15.0銭

③18:09 107.632 売り(ショート) → 18:16 107.709 -7.7銭

④18:15 107.703 買い(ロング) → 18:18 107.651 -5.2銭

⑤18:19 107.641 売り(ショート) → 23:03 107.692 -5.1銭

昨日の最初のエントリーは、例によって設定レンジを入力したすぐ後でした。

今、冷静にチャートを見てエントリーの状況を見ると、なんでここでエントリーしたんだろう?

って思うところでしたね。

上下にあまり大きくない波を作ってレンジになっているところ、その波の乗ってトレードしようとしてしまったんですよね。

大きなトレンドは上昇に向いたと思ってはいたのですが、目先の波は下降するから、それに乗って利益を得てから、反転するポイントで「買い」でエントリーしようかな・・・なんてことを考えてしまったんです。

そんな勝手な素人の考えなど相場は聞いてくれるはずもなく、見事に「逆行エントリー」

 

それに気が付いて損切りして、「買い」でエントリーした直後が18:00を回ったところ、大きな陽線をつけて設定レンジ上限から一気に第2ターゲットまで上がりました。

ただただ「ラッキー」というだけです。

 

その利益に調子づいて、一気に上がったところから「戻す」だろう・・・などという「妄想?」から売りでエントリーしたり、逆行して反対でエントリーしたり、グダグダなトレード

記録として書くのも恥ずかしいものでした。

 

今朝のチャートの様子

アメリカ時間の2:00過ぎから上昇し、107.84付近をピークとしてゆっくりと下降

あさ6時過ぎに1分足で10銭分ほどの大陰線をつけて下落して、その5~6分後には戻しました。

そして今は、107.74あたりのレンジになっているところです。

1分足の移動平均線は下降、5分足はローソク足が下がってきて下に控えていた移動平均線に重なって、水平から下降に向かおうとしているところ、1時間足は上昇の流れの中の戻しという感じです。

ここから今日の相場を考えると、今朝の107.67を安値にして上昇して高値を付けるような流れっぽいと思うのですが、一昨日の0:00頃の106.80あたりの安値からトレンドラインを引くと、今はラインをブレイクした形になります。

そこから考えると下降トレンドへの転換も予想されるかもしれませんね。

 

プロトレーダーの美トレードに学ぶ

6月26日の「天野愛菜さん」のブログに記載されていた25日のトレード記録はこれです。

https://follow-my-heart.jp/market-view/20190626/

この日は午前中の10時からトレードをされていて、合計で1円64銭の利益

凄いです!

後半の2回のトレードで 74銭の利益は見事ですね。

 

これが6回目のエントリーと利益確定の時のチャートです。

下がり基調からの下限ターゲットからの「戻り売り」で、見事に大きく下がるところをとらえてのエントリー、そして見事な決済です。

 

7回目のエントリーと決済のチャートはこれです。

下限第3ターゲットからの買いでのエントリーですが、やはりすぐに大きな上昇になっていますね。

そこから何度も停滞を見ながらもキープして設定レンジ上限までの50銭越えの利益

いつ見てもほれぼれするエントリータイミングです。

 

ブログを毎日拝読させていただいて、設定レンジやターゲットを自分のチャートに入力し、「愛菜さん」のファンダメンタルズな話や、難しい用語の優しい解説を楽しく読ませていただいていますが、とても有益な情報を見ているにもかかわらず、何も有効的に利用できていないってことですね。

 

今日のテーマ「設定レンジやターゲットについての話し」

デモトレードで使用しているチャートには、「天野愛菜さん」が毎日教えてくれている設定レンジやターゲット、バランスラインを入力して表示させています。

そのラインを見ながらトレードしてはいるのですが、活用方法が間違えているような気がしてきました。

そもそも、「設定レンジやターゲットラインにはどんな意味があるのか」や、「ライン付近にローソク足や移動平均線が近づいたりすることから何を読み取るのか」などを理解せずに、ただただ設定レンジやターゲットのラインを見て、このラインから「買い」、「売り」と言っていただけなんですよね。

全然活用できていないですね。

「妄想エントリー」

「逆行エントリー」

が絶えないわけです。

難しいですが、設定レンジやターゲットラインの意味を考えてトレードに役立てられるようにし理解を深めようと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 







-FX
-, , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。