FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXデモトレード トレーダーになるって甘いものではないという話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

空には雲が広がっていますが東の空に切れ間もあって太陽の光が少し差し込んできています。

湿気があるのですが気温が低く、そよ風の乗って運ばれてくる空気が冷たくて気持ちがいい朝を迎えています。

 

甘いものが好きで、特にチョコレートとあんこが大好きなのですが、最近は美味しい「あんぱん」に凝っています。

勝手に決めた「あんぱん」BEST4は、

  • 塩あんぱん  イオン内 パン工場 (フジパングループ)
  • 塩あんぱん  デイリーヤマザキ
  • ホイップあん角ぱん  ローソン(ヤマザキ)
  • あんぱん  マルキパン(岩手県奥州市水沢)

これら4つは甲乙つけがたいのですが、1位は「マルキパン」の「あんぱん」ですかね。

上の3つは広く展開している店舗やパン屋さんなので食べてもらっている人も多いと思いますが、マルキパンのあんぱんはローカルなのでわからないですよね。

ここには他にもおすすめのパンがたくさんあって、特に子供のころから大好きで今でも買い求めている定番があります。

機会があったら、ぜーーったい食べてみてほしいパンですよ

 

さて、今日は「FXデモトレード トレーダーって甘いものではないという話し」をテーマに書いてみようと思います。

 

7月4日のデモトレード記録

昨日のデモトレード結果 -9.1銭

  1. 17:31 107.802 売り(ショート) → 17:59 107.830 決済 -2.8銭
  2. 18:08 107.802 売り(ショート) → 20:08 107.783 決済 +2.0銭
  3. 20:11 107.780 買い(ロング) → 20:44 107.762 決済 -2.8銭
  4. 21:02 107.762 売り(ショート) → 22:15 107.817 決済 -5.5銭

黄色の矢印は売りエントリー、赤色の矢印が買いエントリー

2回目のエントリーこそ、まあまあ良いところでエントリーできたかなと思えるのですが、他の3か所は「さっぱり」ですね。

3回目の失敗エントリーで、「センスがない・・無理なんじゃない」って、心が折れかかってました。

4回目の失敗で「バキッ」って音がしました・・・

 

ボラティリティのない相場の中で素人がトレードすると こんな結果になるということですね。

しっかり・はっきりした相場の中でのトレードでも上手に読み切れないのですから、こんな微妙なところで利益を重ねられる実力があるわけないということですよ。

と、気持ちを切り替えて学んでいこうと思います。

 

今朝のチャートの様子

1時間足のチャートを見ると「ムカデ」が張っているようなチャートになっていますね。

横這いでクネクネと、動いていないです。

5分足で見てみても、2~3銭のレンジで横に流れているだけで、方向感がない状態になっています。

今日の日中、そして夜の欧米の時間帯には動きが出てくるんでしょうか・・・

 

プロトレーダーの「美トレード」に学ぶ

「天野愛菜さん」のブログに記載して公表してくれているトレード記録を過去チャートで振り返って学ぶ「美トレードに学ぶ」です。

https://follow-my-heart.jp/market-view/20190704/

7月3日のトレードは3回でした。

午前中は入りにくい相場で、少ないトレードとおっしゃっていましたが、しっかりと51銭の利益を確保しています。

 

1回目は16:55 バランスライン 107.76からのエントリーです。

15時台半ばからの上昇の流れで、16時代後半でR2ラインに到達して押さえられている状態、そこから「ひげ」を伸ばしてバランスラインに到達したところがエントリーポイントでした。

緩やかですが確実に下がり基調で推移して、いったんはPivotにぼどしますが、そこからは勢いをつけて下降してバランスラインの107.62で決済して 14銭の利益になっていますね。

このポイントはBGもエントリーしたポイントなんですが、入りが17:51と遅かったのと、ビビッて早めに決裁してしまったので利益は4.1銭でした。

やっぱり同じポイントに目をつけてトレードしても、プロトレーダーの利益の30%も取れないということなんですよね。

 

2回目のエントリーは、21:15 バランスラインの107.62からの「買い」エントリー

21:10頃の下げ基調から、15分になって大きな動きが出たところです。

この場面はチャートを見ていましたが、「ん? 何か起きた?」って見ていて、「下落の流れに乗っていくべき?」とか考えているうちに上昇が始まりました。

このあとどうなるんだろうって思ってみていると、じわっとだけど確実に上昇していきました。

途中で上がりだって気が付いた時にはエントリーするタイミングが取れなくなってしまっていました。

「愛菜さん」はしっかりと15分の下げの場面で、バランスラインからのエントリー、そして上のバランスラインでの決済

綺麗なトレードです。

 

3回目は23:20 Pivotラインからの「買い」エントリーで23銭のトレードです。

21時台の安値もS3までひげを伸ばしての反転、22時からの下げも23時台のS3にタッチしたところでのエントリーです。

上昇基調とみて安値を切り上げてS3で反転して上昇と読み切ったエントリーでしょうかね。

見事です。

 

「相場の状況を判断して次に起きることを想定して待ち、確定した情報をもとに選択肢を判断して行動する」

 

そんなことが出来る日が来るのでしょうか・・・

 

今日のテーマ「トレーダーって甘いものではない」

デモトレードをやっていて「センスのかけらもない」と嘆き、トレーダーに向いてないんじゃないの?

なんて思ってしまうのですが、その考えや思いそのものが「甘ったれている」ということ。

 

プロトレーダーとして利益を得ている人や、兼業であっても利益を得て生活の足しにしている人も、利益を出せるようになるまでというのは、ものすごく集中してFXを学んでいるということなんですよね。

 

少し本を読んだり、サイトやYoutubeで学んだりしてくらいで、FXを理解できてトレードで勝てるようになるなんてことはないのです。

必死に死に物狂いで勉強して、記憶して、身に付けていくものなんですよね。

と、あるトレーダーの方がサイトで書いていました。

 

本を読んでダウ理論やエリオット波動などを理解しようとしても記憶できないんだよね・・・なんて甘いことを言っている自分が恥ずかしく思ったのと同時に、この状態でデモトレードを続けて反省しているだけでは成功にたどり着けないとも感じました。

 

プロトレーダーを目指すのであれば、もっと真剣に集中して時間を割いて向き合わなければならないのだと痛感しました。

自分の1日のスケジュールを見直してみようと思います。

 

今日はこの辺で終わりたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。







-FX
-, ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。