FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード 損切りの難しさについての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

台風から低気圧に変わって近づいてきて天気は荒れる予報だったので、少し身構えて夜を越した今朝でしたが、空には雲も多いですが青空も広がっています。

何事もなくてよかったです。

 

今日はラグビーワールドカップ 日本代表の3試合目が行われます。

相手はサモア代表ですね。

 

2回目の試合のような、ガッツあふれるフォワードの活躍を期待して、4トライ以上を上げて勝ち点を増やして決勝トーナメントへの切符をつかんでほしいと思っています。

ビールを飲みながら、テレビ観戦で応援しようと思っていますよ

頑張れ!ニッポン!

 

さて今日は「FXのデモトレード 損切りの難しさについての話し」をテーマに記事を書いてみようと思います。



 

デモトレード記録

今週はプライスアクションでのトレードを意識して、ローソク足に注目してチャートを観て、次の動きを判断できるスキルを養うトレーニングを試みています。

 

昨日のトレード記録

昨日のデモトレード結果(目標 6銭)・・・-7.2銭(達成率 -%)

今週の収益(目標 30銭)・・・破産リセット

 

①19:08 106.765売り → 19:32 106.752 +1.3銭

②20:45 106.712売り → 21:32 106.894 -18.2銭 ※

③21:15 106.767売り → 21:30 106.721 +4.6銭

④21:31 106.897買い → 21:33 106.960 +6.3銭

⑤21:35 106.994売り → 21:38 106.940 +5.4銭

⑥21:45 106.949売り → 21:56 107.050 -10.1銭 ※

⑦22:19 106.990売り → 23:12 107.051 -6.1銭 ※

⑧22:50 107.055買い → 22:57 107.008 -4.7銭 ※

⑨23:01 107.100売り → 23:07 107.051 +4.9銭

⑩23:08 107.014売り → 23:11 107.043 -2.9銭 ※

⑪23:13 107.011売り → 23:30 106.943 +6.8銭

⑫23:35 106.906売り → 23:49 106.943 +5.5銭

 12戦 7勝 5敗

 

損切りできずに時間をかけて、結局含み損を増大させてから損切りするという最悪なトレードをしています

また、含み損が出た時に逆のポジションを持つという わけわからないトレードをしてしまっています。

 

自分が思った方向ではない動きをした時には、思い切って潔く損切りして、頭を次のトレードに切り替えたほうが良いのは分かっているのに出来ない

これはメンタルの弱さと、トレードに自信がないけど、損をしたくないから、自分の考えは間違えていて、この後から戻ってきて損がなくなって利益になるんじゃないか・・・という勝手な妄想が脳内を支配しているからですね。

 

 

今日のテーマ「損切りの難しさ」

先日から気になっているキーワードは 「プライスアクション」

ローソク足の値動きを見て市場参加者の動きや心理を考えてトレードする手法・・・(合ってますか?)

その手法を軸にトレードするとは思っていないのですが、ローソク足から市場参加者の動きや心理を考えることは、どんなトレード手法にも必要なスキルだと考えて、そのスキルを会得するべくトレーニングを開始しています。

 

デモトレードで、全然わからないまでもプライスアクションの手法でトレードを行っていて気が付くことは、やっぱり何も見えていないんだなということですが、昨日のトレードでは、何もわからないなりに12回のトレードで7回の利益を得ることが出来ています。

これまでチャートを観てきたことがわずかではありますが役には立っているように思います。

 

その反面、5回の負けで利益を取れた回数よりも少ないのに、TOTALの損益ではマイナスになってしまっています。

これは1回の損が大きくなってしまっているということで、よく言われる「コツコツ・ドカン」という現象です。

 

先日紹介した小林さんとジュンさんの動画の中では、「コツコツ・ドカン」は決して悪くはないと言われていました。

ようは、「ドカン」の負けの大きさが、利益でカバーできる範囲の中でおさめることが重要だということです。

 

10回のトレードを行うとして、昨日のような勝率で1回の利益を2銭と仮定すると 12銭弱 の利益を取れることになります。

利益を 5銭程度 残したいと考えると、負けトレードで損しても良い金額は 7銭 で、1回あたりにすると 1.8銭になります。

 

2銭以上の負けトレードにならないようなトレードをしなければならないということですね。

現在デモトレードを行っている業者のスプレットは1.6銭程度あるので、エントリーした瞬間に崖っぷちということです(笑)

 

勝率を6割程度として、勝った時の利益平均を2銭とした場合の計算なので、単純にいうと勝率を7割に上げれば、1回の負けで許される金額は3銭になります。

3銭になれば、今のスプレットでも少しは余裕ができます

 

実際にプライスアクションを軸にトレードをしていこうとするならば、スキャルピングが許されてスプレットが狭い業者を選定すべきとは思いますが、市場心理や動きを理解するためのトレーニングとして、プライスアクションを取り込んでいるだけなので、まずは利益は気にしないで進めていこうと思いますが、大事なのは自分の負けを認めて潔く損切りをするということです。

 

だからと言って逆行したら即損切りすればいいかというと、それでは損切りだらけで勝てるトレードも勝てなくなり、利益は取れずに損だけが蓄積されます。

この判断もプライスアクションで読み解いて、思っている方向に動こうとしていることを確認してキープすべきか、間違えたと感じて損切りするかを判断しなければなりません。

 

プライスアクションのスキル向上が当面の課題

土日もバックテストで頑張ってみたいと思います。

 

では今日はこの辺で。

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・人気メンズ服通販サイト【Dcollection】

▼ファッションやオシャレにお悩みの10代・20代の男子に
オススメしたいメンズファッション通販サイト

▼定番アイテムを多数取り扱っているので着こなしやすく、
お手本にしやすいコーディネート例はお客様にも大好評!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M58W+CLOE22+33FY+6ARKZ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!areyou bienn

 

 







-FX
-, , , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。