FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード 大局観の養い方についての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

厚い暗い雲が空を覆って雨が屋根を叩く音が聞こえます

今の心の中を表しているような寒くて寂しい景色の朝を迎えました

 

今日はお休みをいただいて 居住区の陸運支局に出向きます

片道50kmほどのドライブになりますね

楽しく前向きになるように気持ちを切り替えて 事故などには気を付けて行ってきたいと思います。

 

今日は「FXのデモトレード 大局観の養い方についての話し」をテーマに記事を書いてみようと思います。



 

デモトレード記録

昨日のデモトレードの記録ですが、昨日は最後に失敗して口座のすべてを溶かしてしまい強制終了となってしまいました

 

昨日のトレード記録

昨日のデモトレード結果(目標 6銭)・・・(達成率 %)

今週の収益(目標 30銭)・・・(達成率 %)

今月の目標(目標 120銭)・・・(達成率 %)

 

①19:13 106.803売り → 19:16 106.834 -3.1銭

②19:16 106.834買い → 20:01 106.858 +2.4銭

③20:02 106.870買い → 20:07 106.881 +1.1銭

④10:46 106.854売り → 20:59 106.840 +1.4銭

⑤21:04 106.828買い → 21:17 106.851 +2.3銭

⑥21:22 106.836売り → 21:34 106.858 -2.2銭

⑦21:51 106.900買い → 22:04 106.915 +1.5銭

 

ここまでは コツコツと

そしてこの後 ドッカン!とマイナスして強制終了となりました

立ち直れるか・・・な

 

今日のテーマ「大局観を養う」

 

エントリーのポイントの良し悪しは 獲得する利益に関わる大切なポイントではありますが 何よりも大事なのは失敗を判断する的確さと速さ そして潔い損切りの行動です

これができないとトレードはいつまでたっても勝てません

そして 痛い目にあってトレードが嫌になったり 自分自身が嫌になってしまいます

 

でも多くの人は ホールドしているポジションに含み損が発生しても ココで反転して戻って欲しいと考えて ミスは認めながらも損切りをしないとか ミスそのものを認めたくなくていい結果になると思い込んでしまっているかで 大きな損失を出して落ち込みます

そして またやってしまったと後悔するのです

 

なぜ そのようなことになってしまうのか

なぜ そんな結果を繰り返してしまうのか

 

それは「欲」が大きすぎて冷静な判断や 状況を見る目を曇らせているんです

 

エントリー直後の逆行にしても

利益が乗った後のチャートの方向転換による含み損発生のときも

 

ミスを認めて損失を確定して残高をマイナスにしたくない

もっと残高を増やしたい

この調子でまだまだ利益が乗りそうだ

 

こんな「欲」が自分のチャートを観る目を曇らせ

入ってくる情報の処理判断を迷わせ

取るべき行動を狂わせているんです

 

この状態に陥り含み損が増えていくと どんどん視野が狭くなってきて 視野が現在のレートの動きだけにフォーカスされて全体が見えなくなります

その結果 判断のミスが重なり 行動も狂い 損失を拡大する方向に自ら進んでいくことになります

 

最後はすべてを失って強制退場か

我に返って損切りをして大きな損失を出して 大きく目減りした残高に愕然として終わるかのどちらかですね

 

そんなことにならないようにするためには エントリーの段階でチャートの動きを考えて 利確の目標レートを決めること

そのポイントに来たらまずは決済すること

そして レートが同じ方向にさらに伸びそうだと判断できる場合は 再度目標レートを決めてエントリーするという方法にすることで回避できます

 

と、細かいことを言っていますが

結局のところ ローソク足を見てこれまでの市場の動きやこれからの動向予測が出来ていないということです

わかったふりをしてエントリーして 時には利益を出せう事があるかもしれませんが それは自分がしっかりと市場の動きを予測出来ていたわけではなくて なんとなくエントリーした方向にレートが動いてくれて得ただけのもの

欲が出ようなどうしようが ローソク足やチャートの形状を総合的に判断していれば エントリーのタイミングも決済のポイントも 適切に判断してトレードできているはずです

要するにチャートが見えていないだけのことなんですよ

 

こんな行動と言動を FXを始めてから約1年 何度も何十回も繰り返してきているように思います

 

大局を見る広い視野

多くの情報を処理して 先を見て適切な判断を下す能力

 

このいずれも 持ち合わせていないからトレードで利益を得ることが出来ないんです

 

この能力やスキルは 何かを学んだり訓練することで得られるものなのかということですが  将棋の騎士曰く「大局観を鍛えるには数多くの対局をくりかえすこと」と言っています

棋士が強くなうには大局観が必要で

その大局観を養うには大局を数多く繰り返すことなんだそうです

「詰将棋」ではなくて「対局」を繰り返すことなんだそうです

 

これをFXのトレードで考えてみると愛菜さんのトレードを見ながら学ぶ「美トレードに学ぶ」や 自分自身のトレードを振り返って反s寧する「酷トレード反省会」などで エントリーする時や決済の時などのポイントでの判断根拠などを考えることを繰り返すのではなくて 実際のチャートを見ながら これまでの動きや全体の流れ ほかの時間足のチャートやインディケーター さらにはファンダメンタル要素を加えて 次のレートの動きを予測することを何度も何度も繰り返して訓練することで FXトレードの大局観を養い向上させることが出来るということなのかもしれません

 

と書きましたが 棋士の方が大局観を養うために大局を繰り返すと言っていますが 大局観を養うために大局を繰り返しながら考えたり 感じたりしなければいけないことがあるはずで FXのトレードについても ただ漠然とチャートを見て次のレートの動きを見ているだけでは養えるような気がしません

 

その答えを探りながら まずはリアルチャートを見ながら次のレートの動きを考え続けてみようと思います。

 

これまでやってきたポイントを絞った学びが悪いとか無駄とか言うことではなくて それよりも全体を見る能力を養うことが重要なことだということなのだとは思うので これからも機会を見ては続けてみようかと思っています

 

今日のテーマの「対局観」 愛菜さんが10月7日のブログの最後に書かれていたことでした

 

では今日はこの辺で

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・人気メンズ服通販サイト【Dcollection】

▼ファッションやオシャレにお悩みの10代・20代の男子に
オススメしたいメンズファッション通販サイト

▼定番アイテムを多数取り扱っているので着こなしやすく、
お手本にしやすいコーディネート例はお客様にも大好評!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M58W+CLOE22+33FY+6ARKZ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。