FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード 基本に戻りルールの確認についての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

今日は「FXのデモトレード 基本に戻りルールの確認についての話し」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・

昨日のラグビーワールドカップ 日本vsスコットランド

試合開始から最後まで力が入りっぱなしでテレビの前で応援していました

もう感動しまくりでしたね

日本チームの皆さん 感動をありがとう!!

 

という素敵な試合の後で マスコミのインタビューに違和感を感じたんですよね

「笑わない男」

という表現に固執して まるで笑ってはいけないキャラクターを押し付けている空気感

あまり気持ちのいいものではないなって

こういうことって 面白いと思った周りの人に広がっていって 集団の力になって圧力になっていくのかな

いじめもハラスメントも 与えている側は気が付かないものですよね

傷ついているかもしれないと 気が付いてあげなければいけないんじゃないかなって・・・

 

三連休の方も多いと思います

が・・・お休みなのは日本だけですね

市場は動いています

今朝も6時からチャートは動き始めて 8:00には108.50まで上昇したのですが そこをピークとして下降をはじめて 9:00には先週の終値付近である108.35あたりまで戻しました

 

午前中も少しチャートを見ながら模擬トレードをして 夜のデモトレードにむけて準備したいと思います

 



 

FXデモトレ 今日のテーマ「基本ルールの確認」

愛菜さんのブログの記事は過去の分もすべて一通り読んではいますが その中の重要なことをすべて自分が理科して活用できているかというと ほぼ何も理解できていないで楽しく読ませていただいただけなような気がします

せっかくブログを開始した最初の記事で

FXでお金に困ることなく豊かな人生を送る人が少しでも増えることを信じながらブログを書き連ねていきたい

と言っていって その通りに惜しげもなく公開してくれているのに

それを読んでいて活用できていないのは 情けなく 申し訳なく思いますね

 

FXトレードのルール1 設定レンジ外取引

愛菜さんがブログを始めたころの記事をあらためて読んでみると 設定レンジの上限と下限を設定して 上限を超えて上がってきたときや 下限を割って下がってきたときにエントリーして利益を取るという方法でトレードをされています

 

基本は今も変わらないのかもしれませんが この頃にブログに書いているのは とてもシンプルです

 

ターゲットラインやバランスラインというものも文面に表れてきていませんし 挿入される図にも設定レンジ以外は出てきていません

トレードのスタイルとしては今と同じですが設定レンジ内での取引をほぼしないと決めていて それを徹底して実践しています

上限と下限を設定して その設定レンジ内では今日の方向感が定まっていないと考えて 無理な取引はしないと決めているのです

 

FXトレードのルール2 経済指標発表時はノーポジション

ルールの二つ目は 経済指標の発表の前にはすべてのポジションを決済しておくというものです

心穏やかにトレードすることを好んで 指標発表時にポジションメイクしてハラハラしたくないという理由のようです

 

FXトレードのルール3 逆行したらイグジット

設定レンジを超えてエントリーした後に たとえ数銭でも逆行したときには 利益確定又は損切りを実行するということもマイルールのひとつのようです

 

そのようなルールでトレードしているので 値幅が小さく穏やかな相場の時には 設定レンジを超えることがないこともあり その日はトレードが出来ないということにもなります

無理に設定レンジの中でトレードをして 「ダマシ」と言われる現象(魔物)に翻弄され損失を増やしてしまうのが怖い(困る)ということです

方向感が定まっていない相場は上下にふらふらと動いていて その振幅の上下でエントリーと決済を繰り返していれば利益が重ねられそうと思ってエントリーすると 直後に逆行したりします

すぐに損切りしてポジションをチェンジすると それを待っていたかのように また逆行したりします

繰り返しているうちに損失が積み重なり大きなロスになってしまうという いつものわたしのトレードで紹介している魔物さんですね

 

FXトレードのルール4 相場を予測しない

チャートを見ながらこの後の動きを考えて予測したり エントリーした後の決済のポイントを探るために どこまで伸びるかを考えて予測したりしますが 愛菜さんは予測してしまうとそれを意識してしまって 例えば逆行したときに損切りが遅れてしまい損失が大きくなってしまったりしてしまうため 予測はしないでチャートの動きを見てその場で判断する方法でトレードしています

予測だけではなくて 自分のこれまでのヤラレの金額や 補填したい口座のマイナス分などを考えて 利益額を意識することも同様に判断を鈍らせることにつながりますね

予測と同じように利益額や目標を定めないということも重要だと思います

 

FXトレードのルール5 模擬エントリー

トレードを開始る前に チャートを見ながら模擬エントリーで勘を慣らすというルールです

チャートを見ながら「買い」・「売り」とか 「決済」とかを頭の中で繰り返しながら 自分の感覚を慣らしていくというもの

これはローソク足やインディケーターを見ながら相場を読み判断するための ウォーミングアップでもあり トレーニングでもありますね

デモトレードで似たような感じで エントリーとイグジットを繰り返してみたりしますが 勝率は半分にも満たずに 利益は少なく損失は大きくなってしまいます

これが上手くできるようにならないと 実際のトレードでも上手く出来ないということなんですよね

 

設定レンジ外トレードのトレードチャンス

ここまで愛菜さんがマイルールとして決めて実践してきたことをまとめてみました

まずはこれを自分の基本のルールとして 同じようにトレードできるようになるまで続けてみようと思いますが 気になるのはあまり動きが活発ではなくなったと言われている「ドル円」

設定レンジ外トレードを 実際にトレード出来る時間の中で行った場合 どれだけのトレードチャンスがあるのだろうかということです

1日の中で自分がトレード可能な18:00頃から1:00頃までのレートの変化の中で 設定レンジを超えている回数や その幅を知りたいと思いました

 

設定レンジからどれくらい離れたかの計算は駅逓ませんが 10月1日から11日までの期間 市場が開いているのは9日間ありました

そのすべての日で設定レンジを超えたチャートは確認しました

つまり 毎日18:00-1:00の間で設定レンジを超えている場面があり 設定レンジ外トレードのエントリーチャンスはあるということです

 

FXトレードのルール まとめ

基本ルールをまとめると

  1. 設定レンジ外トレードに徹する
  2. 経済指標発表時間はノーポジション
  3. エントリー後に逆行したらイグジットする
  4. チャートの到達点や利益の予測をしない
  5. トレードする前に模擬エントリーでウォーミングアップする

以上のルールを守って今日からトレードしてみます

 

では 今日はこの辺で

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・人気メンズ服通販サイト【Dcollection】

▼ファッションやオシャレにお悩みの10代・20代の男子に
オススメしたいメンズファッション通販サイト

▼定番アイテムを多数取り扱っているので着こなしやすく、
お手本にしやすいコーディネート例はお客様にも大好評!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M58W+CLOE22+33FY+6ARKZ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。