FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード トレードルール(暫定)についての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

今朝は厚めの色の濃い雲が空一面にかかっていて 暗い夜明けになっています

東の空は特に濃い雲が覆っていて 太陽を見ることはできませんね

夕方から雨の予報ですから このまま天気は下り坂という感じです

気温もだいぶ冷えてきてますよ

最低気温は3度 最高気温は12度くらいの予報でした

そろそろ霜が降りたり 車のフロントガラスが凍っているなんてことも・・・はぁ

ま 気を取り直して 楽しい未来のため今日も明るく過ごしたいですね

 

さて 今日は「FXのデモトレード トレードルール(暫定)についての話し」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・

今週の週間天気予報をみたら 先週ラジオで気象協会の人が言っていたように 木曜日に雪マークが出ていました

まだこの時期の雪は 道路が白くなるほど積もるわけではないから スタッドレスタイヤに交換することもないなとは思いながら 万一にでも積もった場合には 車をつかえなくなり仕事井支障をきたすことも考えて 観念してスタッドレスタイヤへの交換をしました

今日は天気も良かったのでタイヤ交換日和と言えばそうですね

交換後にガソリンスタンドに行って ガソリンを満タンにしつつ タイヤのエアーを測定しながら補充していたところ 同じようにタイヤ交換して空気を入れに来た人が何台買いましたから

 

さてこれでいつ雪が降っても大丈夫にはなったけど

やっぱり雪道の運転は好きではないので 降らないでくれることを祈りたいと思います

何なら このままずーーーーっと降らなくていいし・ね

ウインタースポーツは子供のころにスケートやソリ ミニスキーをした程度で今は何もしていません

自転車を趣味の一つにしているのですが 北国では冬は走れなくなります

そんなことで 雪・冬が大嫌いなんです

 



 

FXデモトレ 今日のテーマ「トレードルール(暫定)」

この土日にバックテストでトレードしながら得てきたものをルールにしてみようと思います

まだまだテスト数が足りないのでトレードすることで 利益を出していけるかは分からないので まずは暫定的なルールとして決めて今日からのデモトレードを行ってみたいと思います

平日はデモトレードで検証を繰り返し 土日はバックテストで検証

これを繰り返してく中でルールを修正しながら ブラッシュアップしていこうと思います

 

あ くれぐれも真似してみて失敗してもクレームとかつけないでくださいね

素人の勝手に決めたマイルールですので 暖かく見守っていただければと思います

 

この土日のバックテストで検証して改善しながら決めたトレード・マイルールはこれです

  1. ローソク足実体で 10銭以上の振れ幅のレンジ
  2. レンジの上値と下値はレンジ内の高値安値が付いたトーソク足
  3. エントリーポイントはレンジの高値安値(ひげ)
  4. 損切り(逆指値)はレンジの上値と下値
  5. イグジットポイントは レンジの上値と下値のレンジ幅の90%分先

 

と こんな感じです

特に 3と4と5は バックテストを繰り返した中で加えた要素ですが これが正しいか否かは まだまだ検証不足です

これが無いと ミストレード(負け)が多くなってしまうので なんとなく作ってみたルールです

何度かは検証してみて 今のところうめく行くことが多いですが もっともっと検証が必要だと思います

 

それでは このルールに従ったバックテストでの検証結果について いくつか例を掲載してみようと思います

まずは一つ目です

2019年11月4日 レンジの始まりはチャート時間は13時頃なので 日本時間で言うと午後の8時頃になります

①のレンジが形成されますが 108.369-108.455と10銭以内のために ココは「待ち」

②で上にレンジが広がり トレード可能なレンジ幅になりました

③の108.506がエントリーポイントで ④の108.612がイグジットライン

10.6銭の利益になります

 

 

二つ目の例です

2019年11月5日 3時頃なので 日本時間の午前10時ころになりますね

これは1のレンジを認識してのトレードですが 厳密にいうと108.653-108.752なので 10銭以内となりエントリーは「待ち」になりますが ほぼ10銭と考えてのトレードでした

やはり 少し厳しい流れで イグジットまで時間がかかってしまいましたが 何とか決済完了

108.773でエントリーして108.851でイグジット 7.8銭の利益でした

午前中からレンジを認識し始めて イグジットが夕方ですから これはもうスキャルではなくデイトレですね

 

 

三つ目の例です

同じく11月5日 先ほどイグジットした後のチャートです

このトレードも時間がかかっています

でも 時間がかかったのはレンジ形成までの待ちの時間です

①のれんじが形成されていますが 少し幅が足りていないために「待ち」

②で上値が更新されてトレード可能なレンジ幅になりました

その後急落してレンジの下値いっぱいまで下がりますが エントリーポイントまでは到達せずに上昇開始

一気に上値のエントリーポイントを叩いてイグジットラインまで上昇

108.945 から 109.050までの 12.4銭の利益です

 

夕方17時半くらいからレンジの認識が始まって イグジットは24時頃です

約6時間と長いトレードになりますが 実際にエントリーしてからイグジットまでは1時間ほど

5時間はレンジを見続けることになります

バックテストなので時間を早送りして見ているので確認できますが リアルタイムのチャートでは見続けていられるものではないですね

指値を置いてトレードルールを信じて 「放置」になりそうです

エントリーやイグジットライン付近にアラートを仕込んで置くくらいでしょうかね

 

こんな感じで今日からデモトレでも検証していきたいと思います

では今日はこの辺で

 

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。