FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FXのデモトレード バックテスト検証についての話し

投稿日:

おはようございます。

BGです。

雲が多い空 太陽はかろうじて雲の切れ間から輝きを届けてくれています

気温は少し高めですかね

ファンヒーターをつけていると少し暑いなと感じます

空の雲なんですが ちょっと変わった形と動きをしていますね

南の空を見ると よこに一直線になるような形で伸びていて それがいくつかの層になっています

一本一本が結構しっかりとした太さのあります

変な雲を見ると余計なことを心配してしまいます

何事もなく平和な日になると良いなと思います

 

さて 今日は「FXのデモトレード バックテスト検証についての話し」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・

国内のFX業者が凄いですね

以前は0.3銭だったスプレットが 0.2銭

そしてみんなのFXでは0.1銭だそうですよ・・・

自分がデモトレードで使用しているXMは1.6銭ですからびっくりです


 

FXデモトレ 今日のテーマ「バックテスト検証」

今日もバックテストの様子をブログの記事にしてみようと思います

昨日と一昨日の休みに 色々考えながら自分のルールをバックテストで検証してみました

まだまだ未熟なルールですが 当面の自分のトレードルールの基本として継続していってみようと思ってます

 

では早速行ってみましょう

 

バックテスト No.1

①の安値の前の下落トレンドの始まりを上値とすると ものすごい大きなレンジ認識が出来るのですが ここは3段階で下がってきている下落のトレンドという認識で レンジとはとらえない場面とします

 

①を下値として高値、安値 そして②の高値を付けて下降したところで ①と②の下値と上値のレンジと認識しました

上値 113.308

下値 113.217

レンジ幅 9.1銭

ロング側のエントリーポイントは 113.324

決済の目標レートは 113.390

危なげなく上昇して目標レートに到達し 6.6銭の利益

・・・ですが スプレットが1.6銭あるので 実際の利益は 5.0銭になります

 

バックテスト No.2

ここでは①を上値として 安値、高値 そして安値の②でレンジ認識してトレード開始

のつもりでしたが 後からのバックテストでレンジ認識のルールを見直していた内容で考えると ここはレンジとは認識してはいけない場面になります

どちらかというと その前の安値113.25あたりと ①を上値としたところをレンジと認識できると思います

 

上値 113.393

下値 113.250

レンジ幅 14.3銭

ショート側のエントリーポイントは 113.234

決済目標レートは 113.125

図で言うと④に達成する前に決済目標を達成できていることになります

利益は 10.9銭なので スプレットを引いて 9.3銭になります

 

 

バックテスト No.3

これは以前のトレードルールの場合にはレンジ認識してトレードしていたものです

①を下値として高値、安値、そして高値の②でレンジ認識です

見ての通り一旦ロング側に上抜けしてすぐに引き返してきました

そしてロングの逆指値を下抜けて ショートのエントリー

その後すぐに引き返して ショートの逆指値を上抜けし 「往復ビンタ」の完成です

 

この失敗事例をもとにルールを見直して この場面ではレンジ認識しないようにしました

 

 

バックテスト No.4

このトレードも 先ほどのバックテストNo.3と同じで 新しいルールではレンジ認識しない場面です

ただ ルールにちょっと曖昧な所があるので この場面では間違えてレンジ認識してしまう事も考えられます

トレードしたとすると ロング側のエントリーで目標手前で転換してしまい 逆指値で損切り

その後 ショートでエントリーして 目標のレートまで下降して利益確保

差し引きで -4銭の損失といったところですね

 

ここはしっかりとチャートを見て 間違えたレンジ認識をしないようにしなければなりません

 

 

 

バックテスト No.5

これも結果としては目標のレートまで上昇して利益を得ていますが レンジの認識としては微妙なところです

②の手前で一度上昇が入っていますが そこでひげをつけて上昇していれば その場所が下値になっていたかもしれません

 

ここで上手く待つことができたとして リアルタイムのチャートを見て ②でトレードしても良いレンジが形成されたと認識できるかは半々の確率ですね

そしてそこでトレードして成功する可能性も微妙だと思います

 

この場面は「待ち」でもいいところかもしれませんね

 

まだまだ これから見直ししていかなければいけないマイルールですが 要するにレンジの認識が微妙だということなんですよね

上昇トレンドでも下降トレンドでもない所のチャートの動きを見て その動きの根拠がわかるようになればレンジの認識も精度が上がってトレードの勝率も上がるのだと思います

  • レンジの時の大衆心理
  • なぜレートが上下するのか
  • レートが動いているときに市場では何が起きているのか

などを 想像の域だとしても 自分の中で根拠になるような理由が付けられるようになりたいと思っているんですが これが難しいんですよ

どんな経験や勉強をすれば身に付けられるものなんでしょうね?

 

 

では今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。