FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FX ポジションを早く持ちたがると失敗する

投稿日:

おはようございます。

BGです。

まだ外は真っ暗ですが 天気予報では曇りの予定で 最高気温は10度を越える予想が出てます

あったかい一日になりそうです

 

さて 今日は「FX ポジションを早く持ちたがると失敗する」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・アウディの右のテールライト付近の調子が良くないんです

先日のブログの記事で警告灯が点灯すると書き 修理がうまく行ったかも・・・と書きました

あれから何度か警告が出ていて ここ2日ほどは頻繁に出るようになりました

警告の内容は「球切れ」

でも 実際には切れていなくて 突然治ったりするんですよね

どうも接触が悪いらしく それが続くのでカプラーの端子部分が過電流によって浸食されているところも見られるというヤバイ状況です

今日も取り外して接触を改善するように手を加えてみて 取り付けて試してみたところ良い感じ

でも いつも取り付けてすぐのテストは何も起きなくて 翌日や時間が経過してから症状が出るので油断は禁物です

明日になってもなおっていればうれしいのですが・・

 



 

FXデモトレードの記録

昨日のデモトレードの記録と、そのトレードをする前のチャートを観た時に感じたことなどを記録します。

昨日のチャートの様子

19:00前のポンド円の様子は 上向きの流れが出始めた頃でした

17:00前から相場が動き出し大きめに下げた後に17:00から上昇して 143.0の高値を付けました

そこから下降して142.70付近の安値を付けて上昇に転じたところでした

買いの発注オーダーがかけられない所まで上昇していたので 手動で成り行きエントリーとなりました

そのトレードの様子や その後のトレードについては 昨日のトレード記録にて・・・

 

 

昨日のトレード記録

昨日のデモトレード結果・・・ -6.0銭

今週の収益合計・・・  -28.9銭

 

《デモトレード詳細》

①GBP/JPY 19:24 143.017 買い → 20:11 143.181 +16.4銭

②GBP/JPY 21:13 142.920 売り → 22:25 143.144 -22.4銭

 

1回目のトレードは まずまず順調に上昇してくれて利益を出すことが出来ました

思い通りの結果だったと思います

が 2回目のトレードは何が悪かったのかもわからず エントリー直後に逆行してストップロスにかかって終了という悲しい結末でした

トレードしてはいけない場面だったということなんでしょうけど・・・

 

 

FXデモトレ 今日のテーマ「ポジションを持ちたがる」

昨日一昨日と損失が大きいトレードを繰り返しています

昨日のデモトレードは 自信をもってエントリーしてミストレードになっていて 「何が悪かったの?」とわからないまま終わっていました

 

あらためて昨日のトレードを振り返って反省してみて気が付いたことは 「トレード出来るという判断が早すぎる」という事でした

 

レンジと判断して上値と下値を設定するタイミングが早すぎて トレードを仕込んだ後に下値を更新したときにブレイクと判断してしまってエントリー

その後転換して上昇しストップロスで損失確定という流れですね

上の図の緑色の四角は昨日の1回目のトレードの場面です

①を上値 ②を下値とした緑枠のレンジと判断してのトレードで ロングエントリーして③で決済できた成功トレードの例です

 

一方赤四角枠が2回目のトレードの場面

④が上値 ⑤が下値と判断しての赤枠のレンジ

⑥でブレイクと判断してのショートエントリー

すぐに反転して上昇し ⑦でストップロスで損失確定というミストレードの例です

 

今になって冷静にチャートを見ると 明らかに⑤の下値という判断が早すぎます

下値と判断してしまったところの大きな陽線ですが この陽線の次に更に陽線で上方に伸びていくような流れであれば ⑤を下値と判断しても良いかと思いますが 大きな陰線で折り返しているので この先に更に下をうかがう可能性があると判断すべきところですね

そしてその判断をしていれば ⑥の安値を付けて上に向かって伸びていく転換を確認できて 良いトレードが出来たと思います

上方向への転換を確認してからトレードを仕込むとロングポジションのエントリー直後に 下方向に向かって伸びて行って あわやストップロスかというところがあります

これを回避しようとすると 上値にもう一度トライして反転するところまで待つことになります

そこまで待つことでトレードの確率は上がると思われますが 動きが激しい相場の場合は 逆にトレードチャンスを逃すことにもつながるので 判断が難しい場面です

正しい方向にエントリーしつつ ストップロスにかからないトレードが出来ればいいのですが・・・

 

それは次の問題として まずは ポジションを早く持ちたがって トレード可能という判断を早く出しすぎて失敗するということが無いように しっかりとチャートを観察してトレードに向き合おうと思います

では 今日はこの辺で

 

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , , ,

Copyright© BG-Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。