FXのトレーダーを目指す初心者のデモトレード日記

BG-Blog

FX

FX オーダー発注時のポイント圏内の注文を受け付けない件

投稿日:

おはようございます。

BGです。

まだ暗い朝 2019年12月30日 今年も今日を入れてあと二日です

明日までトレードはできますが 大みそかはパソコンの前でチャートを見ているわけにもいかないので 実質今日が最後になりそうです

自分が作ったルールが 細かい修正点を確認しながら しっかりと来年につなげるデモトレードをしなければいけません

 

さて 今日は「FX オーダー発注時のポイント圏内の注文を受け付けない件」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・昨日一昨日と三陸に行ってきたのですが この時期に海に観光に行けるというほど 今年の冬は雪もなく冬らしくない気候や景色だということですね

浄土ヶ浜

潮吹穴

 

 

観光客は流石に少ないのですが 景色を見ていると年末であることを忘れてしまいそうになります

 



 

 

FXデモトレ 今日のテーマ「オーダー発注時のポイント圏内の注文を受け付けない」

MT4の指値でのエントリーをするため オーダー発注フォームで入力して いざ発注も端をクリックすると受け付けられないことが度々あります

これまで使用していたXMのMT4において GBP/JPYのオーダー発注を指値で入れようとすると 「無効」という表示が出ることがあります

欲見てみると発注フォームの下の方にこう書いています

「現在価格から108ポイント圏内の注文は発注できません」

現在価格とエントリーしようとしている指値の差が「108」ポイント以上無いとオーダーがかけられないという問題です

108ポイントとは 10.8銭ですから 現在価格から10.8銭以上動いたところからのエントリーということです

水平線などを引いてみて その位置からエントリーしようと思ったら すでにチャートがその価格に近づいてきていて10.8銭以内になってしまっていると もう指値でエントリーを発注することはできず 自分で価格の変動を見ながら成行の発注も入れるしかなくなります

 

すぐにエントリーできる場合や ずっとチャートを見ていられる状況であれば 成り行き注文もできなくはないのですが レンジブレイクまでの時間が長い場合や 急激な動きが出た場合などは成り行き注文が出来ない場合もあります

 

先日デモ口座を開設した「Titan FX」はこのポイント差の縛りが無いので(デモ口座) どれほどエントリー価格に近くてもオーダーは発注できるようになっています

これはとても嬉しいことです

10銭以下の利益を積み重ねるトレードなどの場合でも有効的に使える仕組みで 1回のトレードでの利益が数銭程度のスキャルピングでも使えるということですよ

 

 

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!







-FX
-, , , , , ,

Copyright© BG-Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。