FX 今週のミストレードの原因について

投稿者: | 2019-12-18

おはようございます。

BGです。

どんよりとした空模様ですが 今日も楽しい将来に向けて明るく過ごしたいですね

 

さて 今日は「FX 今週のミストレードの原因について」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・28日に我が家の忘年会を開催しようと企画して 居酒屋さんとカラオケを予約したのですが 居酒屋さんはあまりの忙しさに コース料理での予約しか受け付けていないとのこと まあ仕方が無いとあきらめてコース料理で予約を入れました

カラオケも予約を入れたところ その日は込み合っていて予約が取れませんという電話が今日ありました

結局 居酒屋で自分が好きなものを食べられずに 決められたコース料理を肴に酒を飲み カラオケは混んでいるのでどこにも行けずに帰宅という寂しい忘年会になってしまいそうです

それは面白くない・・・

何か手を考えなければいけませんね

 



 

FXデモトレードの記録

昨日のデモトレードの記録と、そのトレードをする前のチャートを観た時に感じたことなどを記録します。

昨日のチャートの様子

山形から帰ってきて家に着いたのはいつもの時間と変わらない18:30頃

17:00過ぎの下降からレンジ形成し始めたところでした

ちょうどいい感じに上下に振れているのを確認してトレードを仕掛けました

詳しい状況はトレード記録に記載しますので ご確認ください

 

昨日のトレード記録

昨日のデモトレード結果・・・ +33.2 銭

今週の収益合計・・・  +36.2 銭

 

《デモトレード詳細》

①GBP/JPY 22:53 146.005 売り → 07:53 145.879 +12.6銭

②GBP/JPY 06:59 146.005 売り → 07:53 145.879 +11.4銭

③GBP/JPY 18:59 144.668 買い → 22.00 144.205 -46.3銭

④GBP/JPY 22:00 144.205 売り → 01:42 143.650 +55.5銭

 

1回目のトレードは一昨日のショートポジションでのエントリーの追加分で 朝の段階で決済せずにキープしていたもの

「レンジブレイクの勢いは日を跨いで継続する」

 

更に朝の段階でレンジが見えて トレードを仕掛けたのが2回目のトレード

両方ともうまい事進んで すぐに結果が出て利益を得ることが出来ました

 

3回目のトレードはミストレード

18:00のピークを上値と考えればロングポジションを持つことは無かったので このようなミスは起こらなかったのですが ここを上値ととらえるとレンジ幅が大きくなりすぎるのではないかと思ってしまい そんなに値が動くか不安になったことから近場の低い山を上値にしてしまったのが原因ですね

素直に相場の動きに従って上値と下値を設定してトレードを行うことが大事です

その3回目のトレードがストップロスになりそうだと考え 仕込んで置いたストップロスからのショートポジションのエントリー 先ほどの上値も修正しての決済指値でトレード開始し 4回目のトレードになっています

 

結果としてはりかばりーがうまく行ってプラスにすることが出来たのと 一昨日と昨日の朝のトレードで得られた利益のおかげで 33.2銭のプラスで終えることが出来ました

 

 

FXデモトレ 今日のテーマ「今週のミストレードの原因」

今週の収益は二日間でトータル +33銭と一見好調に見えますが内容はあまり自慢できるものではありません

月曜日と火曜日 ともにミストレードでの大きな損失があり そのリカバリー・トレードで得られた利益の積み重ねがこの結果になっているからです

 

この2回のミストレードの原因を把握して次につなげることをしていかないと リカバリーで来ているうちはいいのですが それもうまく行かなくなってしまう時が来た時に 大きな損失で終わってしまう日が来ます

 

どちらの失敗も上値の設定でミスを犯していますね

最初のミスは まだ上昇途中なのにレンジの上値として早まって設定してトレードを仕掛けてしまったもの

そして昨日のミスは 水平線を引いてみたもののレンジ幅が大きくなりすぎて こんなに大きな幅では決済指値まで値が動いてくれるかどうか不安が大きい 安全を見て低い山でレンジと認識しようと勝手に上値を下げてしまったことによるものです

 

どちらも自分が都合の良いように解釈して設定してしまった上値のために起こったことですね

 

なぜ都合のいいように解釈してしまうのかということですが 幅が大きすぎて不安に思ったり レンジブレイクのタイミングを逃したくないと早めに上値を設定してしまったりするのは レンジの設定そのものに明確なルールが出来ていないからにほかなりませんね

 

ポンド円の通貨で レンジブレイクからのトレンドフォローという手法は決まっていますが そのレンジと認識するためのルールが明確ではない

誰が見てもレンジで この幅で動いているというものでなくても良い

自分自身がレンジだと決められるルールを決めてトレードするようにしないと このようなミスはこれから先何度も繰り返してしまいます

ルールを決めてトレードして 結果を見てブラッシュアップして自分の中で完全なルールが出来たところが 自分のFXのトレードのスタートライン(リアル口座への移行)だと思います

 

今週残り3日 レンジ認識のルールを探りながらデモトレードを頑張っていこうと思います

 

では今日はこの辺で

 

 

 

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!