FX MT4の指値のオーダー発注のポイント差縛りについて

投稿者: | 2019-12-17

おはようございます。

BGです。

今日は山形で朝を迎えました

昨日から仕事の関係で山形県に入り 昨夜は宿に泊まっていました

雪が多かったら大変だなと心配してきてみたら 道にも街にも日陰の場所にも まったく雪が見えません

遠くの高い山にはさすがに雪は積もっていますが 道中や町の中には全くありませんでした

とても生活はし易くて良いとは思いますが 大丈夫なんだろうかと色々と心配になります

 

さて 今日は「FX MT4の指値のオーダー発注のポイント差縛りについて」をテーマに記事を書いてみようと思います。

 

そういえば・・・

 



 

FXデモトレードの記録

昨日のデモトレードの記録と、そのトレードをする前のチャートを観た時に感じたことなどを記録します。

昨日のチャートの様子

山形の宿屋で夕食を済ませて部屋に戻り パソコンを立ち上げてテレビに接続してマルチディスプレイにしてチャートを見始めたのが19時過ぎ

ちょうど底値を付けて上昇し始めレンジが作られそうな雰囲気のところでした

でもその後 高値を更新してから下がり方が弱く上をうかがっている様子のため 少し待ってみることにしました

案の定 上方向に伸び始めましたが 先ほどの底値を下値として 高値を上値としたレンジ幅でトレード仕掛ければきれいに利益を出せた場面だったので 少し悔しい思いをしました

146.20を超えてから上昇の勢いも減ってきて146.30で抑えられている感じ

でも下値が146.157付近なので オーダー発注が使える幅ではなくてトレードしにくいところでした

 

20:30過ぎ やっとレンジっぽく動いてくれて 上値と下値を決めてトレードを仕込んだのですが なんとなく上昇の勢いが弱い

心配になり逆行した場合の保険(ショートポジション)のエントリーを準備してみたりしました

 

予想は的中してロングポジションはストップロスにかかって終了 そのままショートポジションのエントリーとなりました

 

結果はトレード記録にて・・・

 

昨日のトレード記録

昨日のデモトレード結果・・・ +3.0 銭

今週の収益合計・・・  +3.0 銭

 

《デモトレード詳細》

①GBP/JPY 21:18 146.384 買い → 22:19 146.137 -24.7銭

②GBP/JPY 22:19 146.137 売り → 23:12 145.860 +27.7銭

 

1回目のトレードの失敗は 結果として上値をとらえるのが早すぎたということですね

もう少し大きな目線でとらえると 19:00の底値を付けてからのポンド円は この通貨の最近の動きからすると あまり活発な動きを見せなかったので 相場の波を見誤ったということですかね

 

そのミストレードのストップロスから逆のポジションをとって 1回目のトレードのミスを踏まえて決済指値を入れたことで 帳消しにして若干でも利益を出せた2回目のトレードは まずまず上手くいったトレードだったと思います

 

 

FXデモトレ 今日のテーマ「MT4 指値のオーダー発注のポイント差縛りについて」

以前にも少し触れたことがありましたが MT4のオーダー発注で指値注文を入れるとき 現在の価格から一定のポイント離れた価格で注文しなければ発注を受け付けてくれません

例えば

145.000を上値

144.500を下値としたレンジが形成されていて そこからのブレイクを狙ったオーダーは中を入れようとします

ショート側のポジションを取ろうとしたときに 現在の価格が144.550で エントリーしたいのが144.450だったとすると

ポイント差は「100」になりますが ポンド円の場合は現在の価格から「108」ポイント離れていないと受け付けられないので 現在価格が144.558よりも上がるまで待たなければいけません

たった8ポイント

と思いますが この8ポイントがなかなか思うように動いてくれなかったりしますし それを待っている間にエントリーしようとしていた価格を突き抜けてしまうという懸念もあり エントリー出来ずにいることがとてもストレスになります

エントリー出来ないのならば 成り行き注文に切り替えて注文すればいいのですが 価格の速い動きについていく自信がないというのもあって なるべくなら指値を入れて待ち構えたいと思うのです

ただ こればかりはシステムの都合ですから 簡単に改善されるものではないと思うので このストレスを受け入れてトレードをしていかなければいけないということですね

このようなシステムは「MT4」だけのことでしょうか?

それともMT4ということではなくて 取引しているFXの会社ごとに違ったりするものでしょうか?

ほかの業者なら このような縛りがなかったり

MT4以外のシステムで発注すれば このような仕組みがなくて指値注文が入れられるというならば 実際にリアルタイムでリアル口座で取引する場合は変更したくなりますね

 

ちょっと調べてみようと思います

 

では 今日はこの辺で

 

ボタンを押して話すだけ、すぐ翻訳!


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様にとって今日が素敵な一日になりますように!